シンプルりぶライフ

ミニマムな暮らしを心がけています

スポンサーリンク

トイレ・お風呂掃除もシンプルに

先日、洗濯と食器洗いについての記事を書きました。

 

今度はトイレとお風呂について。

これも同じような流れにはなってしまうのですが(^_^;)

 

 

トイレ掃除

 またまたアクリルたわしの登場です!

 

ずーっと前は、いわゆる皆さんがお使いであろう、柄のついたトイレブラシを愛用してました。トイレ洗剤とセットで使っていました。

 

何年前でしょう、まだ松居一代が松居棒でテレビ番組のお掃除コーナーに引っ張りだこだった頃、トイレは素手で洗ってると言っていたのに衝撃を受け、なぜかやってみようと思ったのです。

 

もともと、トイレブラシに嫌悪感というか、あまり使いたくありませんでした。

使う度に、また元の容器に収めるだけでブラシ自体はたまにしか洗わず、次に使うときに容器にわずかながらの水が溜まっている始末。

 

そんなブラシを繰り返し使って、果たして清潔さを保てていると言うのだろうか。そんな疑問を抱きつつ、ではどうしたらいいのか、これと言って良いアイデアも浮かばす、見て見ぬ振りというか、深く考えないようにしていました。

 

そんな思いを払拭してくれる、衝撃のコメントに出会えるとは。これだ!とすぐ切り替えてみることに。

 

素手で便器を掃除することに、私はさほど抵抗を感じませんでした。

むしろ、穴の奥まで手を突っ込むことによって、更なる汚れを落とせました。

想像しただけで気分害した方、ごめんなさいね(>人<;)

 

公衆トイレであれば、さすがの私も無理ですが、所詮家族のものですから、という感覚で平気でしたね。

 

最初はずっと何年もスポンジと洗剤でしたが、洗剤を止めた後は重曹、その後は洗濯にも使用しているセスキ炭酸ソーダ、そしてさらにそれも止めて、アクリルたわしとなりました。たまに石鹸クレンザー使ってます。

 

便器まわりも、ずっとクエン酸とハッカ油の手作りスプレーで拭いていましたが、作るのが面倒になり止めてしまい、今ではマイクロファイバーのふきんを濡らして拭くだけとなりました。

 

不思議と、そこに大きな違いはなかったのです。匂いが臭いのが取れないとかいうこともなく、ほぼ同じ状態を保てることが分かりました。

 

f:id:rivurivu:20190131232239j:image

お掃除3点愛用セット

 

掃除後は、アクリルたわしも雑巾も干しているので清潔に保て、そして何よりもトイレブラシを断捨離出来たので、トイレの中がスッキリし、ますます掃除しやすくなりました。

 

お風呂掃除

 こちらは食器洗い同様の流れで、固形石鹸→液体石鹸→重曹→アクリルたわしときましたが、アクリルたわしのサイズが小さいため洗いづらく、お風呂掃除には適していませんでした。

 

そこで購入したのがこちら。

 

f:id:rivurivu:20190201075229j:image

やや汚れていますが(笑)こんな感じです。

 

ちょっと話がズレますが、入浴剤代わりにセスキ炭酸ソーダを入れています。

 

冬になると、どうしても長湯になるせいか、必ず足が痒くなりました。我慢出来ずに掻いてしまうため、カサカサになり、時には血も出てしまい、痒みがひどくなるので、入浴後の乳液は必須でした。

 

色々な入浴剤を試してみましたが、多少軽減されるものの、足の痒みがなくなることはありませんでした。

 

それが今では、セスキのおかげでほぼなくなりました。たまに痒みはありますが、乳液の出番はなくなりました。

 

そんな大活躍のセスキ。

お風呂のお湯は洗濯に使い、洗濯後少し余った残り湯で、バスボンでこすりお風呂掃除をするという、セスキのオンパレード!

 

一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

ランキングに参加しています。

クリックいただきますと、励みにもなりとっても嬉しいです^_^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク