シンプルりぶライフ

ミニマムな暮らしを心がけています

スポンサーリンク

湯シャン、ときどき石鹸シャンプー

真弓定夫先生の『出口のない毒  経皮毒』シリーズで合成洗剤の怖さを知ってから、シャンプーとリンスも石鹸に切り替えました。

 

 『真弓定夫先生の監修シリーズ』 ▶http://bikenguide.co.jp/doc/hanbai.php

 

この切り替えには、家族もすんなり受け入れてくれ、スムーズに進むことが出来ました。

 

そこで起きた問題。

なぜか私だけが、その切り替えに苦しむことになったのです。

 

始めは、泡石鹸で髪と顔、リンスは酢リンスに挑戦。

家族3人は、泡石鹸のみの使用で、リンスは私だけでした。石鹸のみだとあまりにもキシキシしてとてもそれだけで終わらせることは無理でした。

酢は匂いがキツくないりんご酢をセレクト。スプレーに入れて、シャンプー後に吹きかけ、しばらくタオルで頭を包んで

浸透させてから流す、といった流れでした。

 

そこに家族が猛反発!

湯上りの私の頭の酢の匂いがとにかく鼻にツーンときて臭い、と。

しばらくそれでも続けましたが、止む無く石鹸リンスに切り替えることに。

 

何ヶ月かは順調なはずでした。

それは、石鹸に切り替えた初めての冬に訪れました。

 

とにかく、ちょっと気がつくと、肩に大量のフケが!

そして地肌を見てみると、びっしりとあり、少し手で掻いてみると、爪にねっとりとしたものがこびりついてました。

 

調べてみたところ、フケではなく石鹸カスの可能性ありとありました。

また、合成洗剤の成分から甦生するための準備期間に出る症状の可能性もありとありました。

 

お風呂に入る前にクシでとき、汚れを充分落としてみたり、シャンプーブラシを使ってみたり、これでもかというぐらいずっとすすいでみたり、色々試してみました。石鹸シャンプーもある限りの種類を全て試してもみました。

 

症状は良くなったり、また元に戻ってしまったり。ほんと一喜一憂してました。

 

半年以上そんな状況だったので、ほとほと疲れてしまい、やっぱり合成シャンプーに戻そうかと思う毎日。

でも、もう少し続けたら変わるかも!やっぱりだめだ!の繰り返し(´;Д;`)

 

1年がやっと過ぎようとした頃、徐々に症状が和らぎ、いつしか全く気にならなくなったのです。

その後訪れた冬にも、問題なく過ごすことが出来ました。

なぜかは分からないまま、特定の原因も掴めぬまま解決していました。

 

そして何年か前、湯シャンが流行っており、セレブたちもおススメ!なんていう雑誌を目にし、湯シャンという言葉を初めて知りました。

 

ほほう。

さらにお肌に優しそう(о´∀`о)

 

早速試してみることに。

何日間か試してみると、髪の毛が重くなってきて、ぽりぽりと頭を掻くことが日ごとに多くなり(^_^;)

 

やっぱり無理!とシャンプーしては、また湯シャンに挑戦、というサイクルをしばらく続けてみました。

 

次第に慣れてきました。

あれから2年弱経ちましたが、今では基本湯シャンで、1〜2週間に一度はシャンプーするというサイクルで落ち着いています。

 

f:id:rivurivu:20190208084851j:image

娘が匂いが欲しいとのことでこちらを愛用中です。

シャンプーにもグリセリンやクエン酸か入っているので、純粋な石鹸シャンプーよりも扱いやすいです。

生活クラブで購入しています。

 

それで、合成シャンプーから何が変わったのか?

正直、あまり変化はありませんが、しいて言えば、フケがあまり出なくなった気がします。でもそれくらいです、今のところ(^_^;)

 

でも、ほぼ症状が変わらないのなら、湯シャンときどき石鹸シャンプーという現状のほうがずっとエコで髪に優しい気がしませんか。

 

湯シャンのほうは気軽に試せるし、流行るのも納得って感じです。

皆さんもいかがですか。

 

ランキングに参加しています。

クリックいただきますと、励みにもなりとっても嬉しいです^_^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク