シンプルりぶライフ

ミニマムな暮らしを心がけています

スポンサーリンク

手放せたもの、そうでないもの(キッチン編)

健康にまつわる様々な本やネットを読んでいるとき、善悪両方の説がある中で、これは手放したほうがいい!と判断したものがありました。

 

それは、圧力鍋・テフロンフライパン・シリコン製品・電子レンジでした。

 

いずれも、ざっくり言うと、食材のエネルギーを抹消してしまったり、酸化させてしまうというものでした。

 

圧力鍋は毎日、ご飯炊いたり、煮込み料理に大活躍していたので、少しためらいましたが、オークションで手放すことに。

 

テフロンフライパンは、良し悪しに関わらず、どんなに使っても剥がれにくい!と謳っているフライパンでも、月日と共にコーティングが剥がれて食材が引っ付く日が必ず来ていて。

その度に買い替えていたのがストレスだっので鉄のフライパンに変えました。 

 

シリコン製品はあらゆるものを持っていました。

スプーン・蒸し器・おかずカップ、特にお菓子作りの型に溢れていました。

 

シリコンに関しては、何かの情報で得たものではなく、自分自身で感じたもの。

熱を加えたときの、たまにシリコンの何とも言えない臭い匂いがしたとき、これは身体に良くないのではと思い、手放しました。

 

お弁当カップなんて、本当に便利だったし、いくつあるの?って言うぐらい持ってたのですけどね(;_;)

 

圧力鍋・コーティング鍋・シリコン製品は簡単に手放せることが出来ました。

 

問題は電子レンジ。

これは家族も使うので、まずはそっとキッチンから離れた部屋へ。

 

目の前にあると頼ってしまいそうなので、まずはどの程度耐えられるかを試してみました。

 

電子レンジは有能で、煮込み料理や煮魚など、レンジだけでもたくさんの料理を作ることが出来ますが、勿体ない?ことにそれらの機能を一切使わず、食材の温めぐらいしか使ってなかったので、意外と無くてもいけるのでは、と自信がありました。

 

そこでまず壁にぶつかってしまったのが、ご飯の温めです。

私と子ども達は、ほぼ炊き立てを食べられるのですが、旦那さんがそうはいかない。

 

ネットで調べた通りに、鍋に水と蒸し器を入れ、水滴がご飯に入らないようにふきんを挟み、約10分。

 

10分?長い!(;´д`)

電子レンジだと1分ほどなのに!

 

出来上がったら、手に持てないぐらい器が激アツ!

そして、ふきん挟んだにもかかわらず、気持ちご飯がべちゃっとなってる。

一緒に入れたおかずは皿の激アツ以外は、問題なかったですけどね。

 

旦那さんも、「(器が)熱っ!」と言いながらも、そこに関してはさほど文句はなかったので、しばらく続けてみました。が!私が無理でした(;_;)

 

遅く帰ってくる上に、10分かけて温め、お鍋や蒸し器の洗い物も増え、とってもストレスに。

 

あと、私が不在時に、各自の皿に盛り付けて置いて行ったら、いざ食べるときに使おうとした電子レンジがないと家族で大騒ぎ(゚ω゚)

 

その後、また元の位置に戻されたのは言うまでもありません。

ま、IHヒーターを使ってる時点で電磁波問題は全く解決してなかったですけどね(^_^;)

 

そして、じわじわと不便さを感じてしまったのが、シリコンスプーン。

ケチャップやジャムなどの、瓶に残ったあと少しが、木のスプーンではなかなか取り切れず、何度も往復させて取るのがストレスに。

 

熱さえ加えなければいいよね、とまた購入する事にしました(^_^;)

 

f:id:rivurivu:20190427140620j:image

 

何年か経った今でも、電子レンジとシリコンスプーンは活用しています。

 

電子レンジ、やっぱり便利だなぁ。

でも、手放した方のブログなどを見ると、いつかはやってみたいと憧れます(*´∀`*)

 

でも、まだまだお世話になりそうです。。。

 

ランキングに参加しています。

クリックいただきますと、励みにもなりとっても嬉しいです^_^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク