シンプルりぶライフ

ミニマムな暮らしを心がけています

スポンサーリンク

一汁一菜か二菜にしたら心も身体も健康に

私は料理が得意ではありません。

むしろ、苦手なほう?(^_^;)

 

でも、一丁前に主婦たるものはこうあるべき!というガチガチな固定概念はあって、それに向かって突き進んできた感じです。

多分、良き妻、良き母でいたかったんだと思います。

全然実力伴ってないから、失敗も多いですけどね笑

 

テレビで、「一日30品目を摂取しよう!」なんてコーナーを見ては、ノート片手に30品目数えながら料理を考える日々を過ごしていた時期もありました。

今では、この説は否定的な説に変わってますね。

 

真弓定夫先生の本を読んだのをきっかけに、健康にまつわる本をたくさん読みました。

 

子どもは病気を食べているシリーズ 3冊セット (子どもは病気を食べている)

子どもは病気を食べているシリーズ 3冊セット (子どもは病気を食べている)

 

ちなみに、これは漫画です。

 

ものに溢れ、何でも食べれる世の中で、人々は胃を休ませる暇なく、食べ過ぎている。昔ながらのシンプルな食生活でいいということを知り、頭の中にガツーンとくるものがありました。

 

今までの自分のしてきたことを全否定された驚きとともに、これからはそんなに頑張らなくてもいいのだという安堵の気持ち。

ぱあっと明るい道が導かれるような思いでした。

 

それからは、シチュー・ハンバーグ・オムレツなどのカタカナ料理はなるべく控えて、素材を生かした和食中心に。

 

ちょっとお恥ずかしいですが、今夜の夕食。

f:id:rivurivu:20190507200733j:image

 

おかずの鶏肉は、ニンニクと塩麹を30分ほど漬け込んで焼いただけ。食べる直前に醤油をたらすのみ。

人参しりしりは人参・シーチキン・卵に醤油と塩コショウで味付け。

味噌汁は豆腐と大根の葉っぱとネギの3種。

 

前の私なら、まず鶏肉見ると、ほぼ唐揚げにしてました。

焼いただけにしたなら、トマトソースやタルタルソース作ってかけたり。

そして必ずセットでサラダも添えてました。

 

さらにもう1品何か作ってました。おかずは3品ないとだめだと思ってました(^_^;)

この場合、お浸しとか作ってましたかね。

 

なんだ、ただの手抜きじゃん!って思われそうですね。

そう言われると、そうかもしれません。

 

でもね、この食生活を続けて5年ほど経ちましたが、明らかに健康になったのが実感できるんです。

胃の負担が少なくなったからでしょうか。体が軽くなりました。

少しずつですが、腹8分に抑えることも出来るようになりました。

 

子どもはそんなおかずを見て、「ポテトも欲しい」とかたまに言います。

その時は、ちゃんとじゃがいも揚げてポテトも作ります。

成長期ですから、食べたいものを食べたいときに、手作りできるものは手作りして食べさせてあげたいと思ってます。

もちろん、無理な時はやりませんけどね。

 

今のところ、我が家はこの食生活でちょうどいい感じです( ´∀`)

 

ご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。

ポチっていただけると、励みにもなりとっても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク