シンプルりぶライフ

ミニマムな暮らしを心がけています

スポンサーリンク

健康診断やめてます

4年前ぐらいに、健康診断の結果で、子宮項目が引っかかりました。

「判定D。再検査の必要あり。」

 

f:id:rivurivu:20190601233421j:plain

 

すぐさま病院に行き、検査をしてもらいました。

結果は2週間後。長い・・・。

 

その間、不安から逃れたい一心で、ネット検索をしてみても、ただただ不安を助長させるだけでした。

癌だった場合の生存率まで出る始末。

2週間が呪いたくなるほど長く、心配かけたくない気持ちから、結果が出るまで誰にも話せませんでした。本当に生きた心地がしなかった。

 

2週間後、結果は問題なし。

身体の力が全て抜けました。

それから、2年間ほど経過観察で半年ごとに通いましたが、その度に抱えるストレスはかなりのものでした。

4度目にもう大丈夫ですよと言われ、そこで初めてストレスから解放されました。長かったです・・・。

 

そこで改めて感じたのが、健康診断の重要性について。

健康診断って、受ける必要が本当にあるのだろうか。

今回のことで、むしろ追い込まれた精神状態で更なる病気を引き出しかねないのではないかと思いました。

 

何言ってるの。何もなくて良かったじゃない!って言われそうですよね。

確かにそうなんですけどね。

でも、何か違和感がある。

 

そこで、健康診断について色々調べてみました。

すると、私のような違和感を感じ、健康診断をやめた方の記事がたくさん出てきました。

ちょっと驚くぐらい、医師や教授などの意見なども数多くありました。

 

私も気になっていた、レントゲンの被曝線量の問題も取り上げられていました。

 

肥満に対してもそうですが、あらゆる項目の水準が引き上げられてしまい、今までの数値でOKだったものが、B判定などになる場合も多くあるようです。

 

どんどん要観察や再検査を多くし、誰が喜ぶかと思うと、それは医療機関。

健康診断だけでも莫大な資金が集まっているという記事を読んでしまうと、不安を煽って加入させる保険同様、受けるのが当たり前という固定概念を植え付けられ、踊らされている気がしてなりません。

 

そんなことがあり、毎年必ず受けていた健康診断を2年前からやめています。

 

ついでに保険もやめています。

 

www.rivu6.com

 

でも、旦那さんはちゃんと会社で健康診断受けています。

 

芸能人の方が、健康診断や、検査でたまたま早期発見出来た、だから助かったという話を聞くと、ちょっと考えたりもします。

でも私自身が、食生活を気をつけている中で、健康診断を受けずに今後の将来をどう感じるのか、興味があります。

 

身体の症状が出て、病院に行って調べてもらい、もうすでに末期と言われ、やはり健康診断を受けていれば良かったと思うのか否か。

それとも、ある程度の年齢でピンピンコロリが出来るのか。

 

もちろん後者が理想ですけどね。

 

人生80、90年と考えると、まだまだ先は長い・・・予定。

後悔のないよう、身体に気を付けて過ごしていきます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク