シンプルりぶライフ

ミニマムな暮らしを心がけています

スポンサーリンク

睡眠の大切さ

またまた旦那さんが、会社から本?漫画?を借りてきました。

 

f:id:rivurivu:20190609082157j:image

 

表紙の絵だけ見ると、どうなんだろと思ってしまいますが・・・。

活字だけの本も出ているそうです。

 

著者の方が有名だとのことで、会社でも購入に至ったそうです。

アスリートが愛用している「エアウィーヴ」の開発研究にも携わった方みたいですよ。

 

どれどれと読み始めてみました。

日本は先進国の中でも睡眠時間がとても少ないそうです。

食や運動にはとても興味を示すのに、それに比べて睡眠はないがしろにされている傾向があるとのこと。

 

確かに。

ちゃんと寝て体調整えることは意識しても、睡眠そのものに対して、何かするというのはあまりないかもしれない。

 

そして驚いたことが2つ。

 

まず、1つ目。

ゴールデンタイム、もしくはシンデレラタイムと言われていた、22時〜2時の間に寝るとホルモン分泌がたくさん出るため、若返り効果がある話。

これは科学的根拠が全くないとのこと(゚ω゚)

 

欧米では全く知られておらず、日本だけに広まった噂に過ぎないと。

 

そして2つ目。

90分単位を考えて目覚めるようにするとスッキリする話。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムがワンクールで90分だからということでしたが、人によって睡眠の周期は90分の人もいれば110分の人もいて、実際は人それぞれみたいです。

 

90×○の時間、私の場合6時間後に目覚めるように心がけていた時期もありましたが、自分の周期を把握しないと意味がないとのこと。

 

自分の周期・・知りたい!

でも、それを知るすべは、この本では触れていませんでした。

寝てる間に頭に装置でも付けないと、知るのは難しいのでしょうか。

 

そうではなく、寝始め90分、ここでは黄金の90分と呼んでいましたが、これが非常に大事だそうです!

 

黄金の90分で上質な睡眠をするためには、寝る準備が必要とのこと。

 

これはよく聞くことですが、脳を刺激することをしないというのが一番だそうです。

 

激しい運動や、興奮するような映画(ホラーなど)を観る、飲酒、そしてスマホ!情報を得るのも脳を刺激しますものね。

 

分かっちゃいるけどねぇ、スマホはついつい見てしまいますよね(^_^;)

 

目覚めたときの覚醒についての説明の中で、朗報がありました。

 

アラーム機能を2パターン利用する場合は、20分後に設定したほうが有効だということ。

 

7時に起きたい場合、6時40分と7時にアラームをセットする。

そうすると、どちらかが浅いノンレム睡眠やレム睡眠に当たる可能性が高くなり、どちらか目覚めのいいタイミングで起きることが可能になるそうです。

 

私はいつも10分間隔でセットしてしまっていたので、早速20分にしてみることにしました( ´∀`)

 

最初はあまり興味ありませんでしたが、読んでいくほどに、興味深いことがたくさんあり、あっという間に読んでしまいました。

 

睡眠は毎日のことですし、1日の3分の1を占める大事な休息ですものね。

 

ちょっとした心掛けで、上質な睡眠が得られるのなら、やるべきですよね!

 

これから続けていきたいです(*´∀`*)

 

ポチっていただけると、励みにもなりとっても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク