シンプルりぶライフ

ミニマムな暮らしを心がけています

スポンサーリンク

実家の断捨離 家具解体①

実家のクローゼット解体計画。

 

f:id:rivurivu:20190619201822j:plain

 

クローゼットを片付けるには、どうしても代用のものを購入しないと難しいということで、2つ購入しました。

 

 

 

しまった、解体前の写メ撮るの忘れた∑(゚Д゚)

クローゼットは2つとも、高さ180×幅100センチと昔ながらのものです。

注文したチェストのほうはすぐ届いたので、設置することが出来ました。

 

f:id:rivurivu:20190619162339j:image

こちらのチェスト右横に、昔ながらの着物が上段に収まる和ダンスがありました。

くっきり壁に痕跡がありますね(^_^;)

この場所に、ハンガーラックがぴったりハマる予定です!

 

このまた隅に大きな洋ダンスがあり、こちらも解体することに。

和ダンスは、奥行きが42センチとスリムだったため、上下に分けて下に運ぶことが出来ましたが、洋ダンスは奥行き60センチ。

どう見ても、階段に通すことは不可能。

 

部屋の中で解体するしかないということになったのですが、父が面倒だと言いだし、屋根から受け渡しで降ろすことに(゚ω゚)

 

私と母が屋根から少しずつ降ろし、脚立まで降ろした後に、父が脚立から降ろすという、何ともストイックなやり方で、何とか無事に成功しました。

 

一歩間違えれば大怪我ものですので、かなり心臓に悪く、変なところに力が入ってしまいました。

「良い大人は真似しないでね」と注意喚起を入れたいぐらいです。

 

f:id:rivurivu:20190619171443j:image

 

畳が青々としてます。

次々と積み上げ、所狭しと並びました。

 

f:id:rivurivu:20190619171640j:image

 

粗大ゴミセンターに電話して申し込んだら、今は大変混み合っているそうで、最短が来月中旬以降と言われびっくり!

 

皆さんもどこかで、断捨離頑張っているのかしらと思ってしまいました。

 

実家は、車も上がれない山の上にあり、粗大ゴミを出すにも、斜面下の道路沿いまで運ばなければなりません。

 

今ではすっかりご近所も、実家と大差ないお年の方ばかり。

私のような、子どもの手を借りられない人は、粗大ゴミを利用するなんて難しいですよね。

 

ただ、70歳以上のお一人様であれば、ちゃんと家まで取りに来てくれるそうです。

そこは自治体もちゃんと考えてくれているみたいで安心しました。

 

さてさて、当日は一体何往復したら運べるかしら(^_^;)

当然その日は、私も出動します。

 

でも、それ以上に、父母がスッキリした部屋にとても喜んでくれたことが、私にとって何より嬉しいことでした。

 

粗大ゴミまでの間にも、少しずつ他の所も片付けておくと、やる気スイッチもバッチリ!

その言葉に、汗だくの疲労した身体も、元気を取り戻せました(´∀`)

 

その代わり、長年置かせてもらってたアルバムやら思い出の品が我が家にドーンとくることに(;_;)

 

f:id:rivurivu:20190619185647j:image

 

私の片付けは、さらに続きます。

暑い夏本番になる前に、頑張らなくては!

 

ポチっていただけると、励みにもなりとっても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク